2018.02.18 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2017.03.16 Thursday

ハル イギリス研修の巻

ハルが4週間のイギリス研修に行きました。

学校のプログラムで希望者が参加できる研修です。

2週間をホームステイ、2週間は寮生活で平日は英語の勉強

週末は観光など。。。。

 

行くまでもいろいろと気をもむことがあったけど

行ってしまえば一切音沙汰なし。

 

そして、無事に4週間を終え

イギリスから戻ってきたハル。

 

どんなに成長してるかな〜と楽しみにしていたのですが、劇的に変わったところもなく案外普通に帰ってきました^^;;

写真も自分が写っているのはホストファミリーのご夫婦と撮ったものが1枚だけ。

あとはひたすら風景と友達。

風景にはやはり感動することが多かったみたいですが、どんな様子だったのかは謎。

きっと見えない内面で成長があったのだと思うことにして。。。

楽しかったらしいので、まぁいいんですけど。

 

で、しつこく聞くと、一日1個づつエピソードを話すというなんとももったいぶった態度(笑)

ほんと男の子って謎です。いやうちの子だけか。

 

例えば自分用に買ったお土産。

レコードにローリングストーンズのロゴを型どって時計にしたもの。

一日目、どこで買ったの?「フリーマーケットで買った。すごいかっこいいでしょ。すごいよね!。。。」^^;;

 

二日目、いくらしたの?「20ポンド。もっと高いのもあったけど」 高っ(心の声^^;;)

 

三日目、売ってる人と話したんでしょ?

「Do you like rock? と聞かれて Yes と答えた」

 

へ〜ロック好きだったんだ(笑)てな具合です。

 

 

意外にも姉や妹、私にはかわいいお土産のチョイス。

キャスキッドソンのマグカップやポーチ、私にはiPhoneケース。

姉たちもこれにはビックリ。

ツンデレのくせにこんなかわいいお土産買ってきてくれて憎めないヤツなんです。

(親バカ)

 

(他にも自分用にはTシャツ4枚も買って、パパには・・・なしでした^^;;)

 

 

過ぎてしまえばあっという間の4週間。

 

一人っ子になったカホも案外のびのびできて良いかと思ったら

「一人っ子なんてつまらない」って言うし

普段喧嘩しててもお互いいないと寂しいんだね。

仲良く育ってくれたんだなと思うとちょっと嬉しいな。

 

来年はカホも高校受験。そろそろ子育ても最終局面。

もうちょっと二人には楽しませてもらおうと思います。

 

 

 

 

2016.08.10 Wednesday

ハルからのLine

駅からのバスが一時間に1本か2本。

仕方なく迎えに行ってあげてたらすっかり王様気取りで

私を呼び出すハル。

 

ハルからのLineは毎度「迎えきて」だけ!

しかも何時によ!毎回イラッとして時にズッコケます(笑)

 

  

 

車の中は唯一会話ができる時間かなとも思うので

アホな高校生話を楽しみに、イラっとしながらも

行ける時は迎えに行ってあげる母なのでした。

2016.07.23 Saturday

そういえば

そういえば、全然ブログから遠ざかっていたわ。

 

この前の更新がハルの受験前かぁ〜

あれからいろいろあったっけ(笑)

 

ハルの受験は、振り返ると本当1ヶ月が半年に感じるくらい大変でした。

冬頃から毎日のように塾にも行って、いっぱいある伸び代を伸ばせるだけ伸ばした・・・

結果は第一志望には届かず、行く気は無かった私立に合格。

 

完全に前向きで第一志望にしか興味が無かったので

もう少し併願の高校を考えておけばよかったかな〜とか

でも本人は合格するつもりだったから仕方ないし。

 

さてさて気持ちを切り替えて入学させていただく高校の

入学説明会やらクラス決めの学力テストとか、春休みもバタバタと過ごし

雨がザーザー降りの中の入学式を終え(なので写真もなし)

早1学期が終わりました。

 

校則がバカみたいに厳しくて「自由と自立」「個性の尊重」とは程遠い

先生方のお話に親子共々内心がっくりしつつも

担任の先生は良い感じだし、部活にも入って先輩方とも仲良く

まずは楽しくやってるようです。

 

おまけに私は役員にもなっちゃって

高校になったらそんなに学校に行くこともないだろうと思っていたのに

なんやかやママ友もできました(笑)

 

 

だんだん高校生らしくなってきて、電車でどこにでも行けるようになったり

当たり前のことができるだけで母は感心する。

お姉ちゃんの時には感じたことなかったけど^^;

もちろんやってないこともいっぱいだけど

相変わらずの天然ぶりが可愛いです^^ (出た!親バカ 笑)

 

 

校則にある「不純異性交際禁止」ってなんだよ!!と怒って

「校長に直談判して論破してやる!」

「ママ、役員なんだからママからも学校に言ってよ!」って、そこそんなにマジにならなくても^^;;

 

バラ色の高校生活を夢見ていたのに女子が少ない上に

交際禁止なんてまさに・・・「なんて日だー!!」って感じ

 

 

母「不純じゃなければいいんじゃない?」

にハルの答えは

 

「俺はプラトニックだから」

 

ブフォ〜っと吹き出しました。そんな言葉知ってるんだ(笑)

 

(あっ、ちなみに中学で彼女ができた話は今では夢の出来事のような。。

儚く終わりを告げました)

 

 

部活は新しいことをしたくて、でも背も高くないのに

なぜかバレーボール部に入り、1年生はとにかく筋トレらしく

筋肉痛でガクガクだと

 

「足がオシャカになった〜」「太ももがブレイクダンスしてる〜」

 

と、わかるようなわからない言葉のチョイスも相変わらず。

足首に重りをつけて部屋でもドタンバタン跳躍の練習してます。

 

今日は夏期講習で給食付き

その給食が「冷やしラーメン」だったとかで

「なんでラーメン冷やすんだ!」とか

まぁあちこち尖った高校生ですが

毎日見てて飽きないね。

 

相変わらずといえば、中学2年になったカホも。

お勉強よりお外遊びが好き。

 

「寒い日のプールは空いている」って

曇天の日に水上公園のプールに行ったり

公園で遊んできたり

あなたは女子?って感じ(笑)

 

でも、その甲斐あってか?陸上部で県大会出場!

我が家の子供たちの中で一番運動神経が良いみたい。快挙だ。

ただ「ママがもっと運動神経よかったらなぁ〜」と、ごめんよDNA^^;;

あとは努力で頑張れ!!(笑)

 

 

一人暮らしのムウもなんとか自立してやっているし

新婚さんのヒイも元気で趣味も広がってるようだし

平和な日々に感謝です

 

とりあえず、そんな感じでまたボチボチ残しておこうかな。

 

入学前、パパにネクタイの結び方を習う

 

16歳の誕生日プレゼントにはハムスターを希望(なぜ!?)

ついでにカホも?!

それぞれの部屋で生育中

 

反抗期に突入のカホ

恒例のジューンベリー詰みはパパと一緒に

パパの目、細め(笑)

 

運動会のリレーでアンカー

母の方が(母だけが)ドキドキ

本人、全部の種目に出たいくらい張り切ってます

(男子の組み体操もやりたいくらい

 それは無理だろう 笑)

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

2016.03.16 Wednesday

ハル卒業式

は〜。ハルの卒業式が終わりました。

とっても良い学年でお友達にも先生にも恵まれていたと思います。
2年生では定期的に風邪をひいたり熱が出たり、大した病気じゃないけど
体調不良みたいな日があったけど、3年生では風邪もひかず欠席0で終わりました。
きっと精神的に安定していたんだと思います。
受験生なのに?ってところはハルらしい。

2学期になった頃、うまい具合にゲーム機が壊れて、ハル曰く
「じいじ(亡くなったおじいちゃん)の仕業に決まっている」
受験までゲームはなし。
その分、YouTubeとか見てるんだけど、自分の中では
受験生モードに切り替わってたのは本当だと思います。

私立の併願校に受かった日に1日だけゲーム機が治って、次の日にはまた壊れたのも
「じいじの仕業」らしい(笑)

おかげで公立の受験までの1ヶ月半は一番集中して勉強してました。

公立を第1志望にしてから迷うことも焦ることもなく
淡々と淡々と。ムウみたいにメガネをかけたまま寝落ちとか絶対せず
塾から帰ったらちゃんとお風呂に入って電気を消してスヤスヤと。
もしこれで合格してたらなんて省エネな受験なんだろうな〜と思っていたんだけど
結果は残念。

合格発表の日は近くまで車で送りに行き、私は待機。
ハルが一人で見に行きました。

合格してたら書類をもらってくるからすぐには来ないだろうし
ダメだったらすぐに戻ってくるはず。。。
(私のいるところまで学校から歩いて7分くらいか・・・・)
合格発表の時間から私はドキドキが最高潮になりながら待っていると
計ったように発表の時間から7分で姿が見えました。


そうだったか、、、、。


それから、ハルは「あー死ぬ」とか「生きていけない」とか言いながら家に帰りました。

その日は受かっていればすぐに登校、ダメな時な午後から登校。
登校するまでの時間をなんとなく二人で過ごしていると、ハルがボソボソっと。

「(発表を見た瞬間)耳がツーンとして何も聞こえなくなった 無音」

って言った時。

たぶん頭が真っ白になったとかそんな感覚を、ハルは耳が聞こえなくなった
って言ったんだなと思ったら、ハルらしいって思って私は何となく安心したのです。
小さな時から時々、私にハッとするようなことを言うハルだ。って思ったら
急に涙も出そうになったけど。
そんな思いをしたことを私にちゃんと伝えてくれてありがとうって思いました。

それから、私は水も喉を通らないくらいなのにハルは何やかや食べて。
味わってはいないだろうけど。

それからは「足に力が入らない。」っていうので午後の登校は車で送ることに。
親バカかなって思ったけど、いいよね。頑張ったんだから。
それに私にしてあげられることをしてあげたっていいよね。うんいい!って私の心に問い返し(笑)

意外にも登校時間前になるとさっと支度して「行こう」というハル。
学校近くで降ろしてというので(やっぱり恥ずかしいのね)、少し手前で降ろしてやると
私と同じような車がもう1台。

ハルとは同じ保育園の同級生。ハルと友達は

お互い目があった瞬間に「アーーーーーー!!」

駆け寄り校舎の中へと消えて行きました。。

 

/////ここまで書いて下着きで放置。。。。。//////

 

追記

 

 

残された母二人。

 

こちらも駆け寄り、「頑張ったよね、ウンウン、仕方ない、いいの、いいの」となんだかんだ話してスッキリ!

挑戦した息子、可愛い息子、誰よりも知ってるもん(笑)

 


卒業式はいい天気で、友達と写真を撮って

無理やり?!第二ボタンも差し上げて(笑)

 

ハルの中学生活は終わりました。

は〜っ、本当に終わったちゃった。

 

あっという間の中学3年間でした。








 

Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
PR
monoclip
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM